柴胡桂枝乾姜湯(さいこけいしかんきょうとう)|江東区東陽町の漢方相談専門薬局は富士薬局へ 駅徒歩1分

無料相談実施中 お気軽にお問合せください

  • 0336442359
  • 平日:9:00~19:00
    土曜:9:00~18:00
    漢方相談:9:00~18:00
    定休日:日曜・祝日(不定休)
お問合せ

漢方薬紹介

柴胡桂枝乾姜湯(さいこけいしかんきょうとう)

解説

傷寒論が出典の漢方薬で、風邪でいうと引き初めの時期を過ぎ、邪気が進行した少陽病期に用いられる薬として紹介されております。今でも風邪の中期に用いられますが、現代では動悸、不安、不眠といった精神疾患に用いられるケースが多いように感じます。

使い方は柴胡加竜骨牡蛎湯に似ていますが、こちらは虚証の薬で、どちらかというと顔色が悪く疲れやすいタイプの方に適しているといわれています。人参、半夏、茯苓が入っていないので吐き気や胃の症状がないのも特徴です。

本剤は、吐き気はないが口が乾きやすく、特に頭に汗をかく、また寝汗をかきやすい方にはどんな症状にも使ってよいという報告もみられます。

その他よくある症状として、冷え、微熱、軟便・下痢傾向、気持ちがたかぶりやすいなどあります。

 

構成生薬

  • 柴胡
  • 桂皮
  • 黄芩
  • 栝樓根
  • 乾姜
  • 甘草
  • 牡蛎

適応症状

  • 感冒
  • 不眠、不安、神経症、神経衰弱
  • 動悸

注意

  • 甘草を含むことから、他に漢方薬をお飲みの方は注意してください。

ページトップへ戻る