2019年9月号|江東区東陽町の漢方相談専門薬局は富士薬局へ 駅徒歩1分

無料相談実施中 お気軽にお問合せください

  • 0336442359
  • 平日:9:00~19:00
    土曜:9:00~18:00
    漢方相談:9:00~18:00
    定休日:日曜・祝日(不定休)
お問合せ

富士薬局ジャーナル

2019年9月号

富士薬局ジャーナル 

朝方はだいぶ涼しくなり、夜にはコオロギが鳴く季節となりました。一方で日中はまだまだ暑く、セミも懸命に鳴いております。

セミは一生の大半を地中で過ごし、成虫になったセミの寿命は約一か月といいます(注)。これは人間で例えると、暗い場所でじっと70年間眠り続け、起きて一年くらいしか生きられないようなものです。

(注)セミの寿命は一週間というのが通説ですが、実際は成虫となった後、約一か月は生きることが最近の研究で分かったそうです。

年を取るにつれての一年はあっという間に過ぎていくものですが、きっとセミにとっての一か月というものは、人生が集約された濃密な一か月なのでしょう。

私たち人間は、決められた秩序の中で、人様に迷惑がかからないよう、モラルとか、ハラスメントとかに気を付けて生きております。

一方で、短い青春時代を、懸命に大きな声で叫び、小便をまき散らし、伴侶を求める、そんなセミの一生に自分を重ねてみると、はかない人生とはなんだろう、なんて考えたりします。

今回はそんな夏の終わりのセミのお話でした。

ページトップへ戻る