桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)|江東区東陽町の漢方相談専門薬局は富士薬局へ 駅徒歩1分

無料相談実施中 お気軽にお問合せください

  • 0336442359
  • 平日:9:00~20:00
    土曜:9:00~18:00
    漢方相談:9:00~18:00
    定休日:日曜・祝日(不定休)
お問合せ

漢方薬紹介

桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)

解説

瘀血(おけつ)の薬の代表格がこの桂枝茯苓丸です。瘀血とは末梢血管の循環障害の病態を指しますが、瘀血によって引き起こされるすべての病気に対し、広範囲に用いられます。

本剤は末梢血管の血流をよくすることから、瘀血の方の冷えや肩こりに用いられます。また、うっ血をちらし、炎症を抑える効能があることから、瘀血による頭痛、生理痛、打撲やニキビにもよく用いられます。

特徴としては皮膚が浅黒く、手足の末端が冷えがあり、体のどこかに炎症が確認できる方に用います。炎症がなくても、例えば生理痛や頭痛などの鈍痛があったり、のぼせといった症状でも大丈夫です。虚証で寒証のみの方には決して用いませんが、明らかな実証でなくても上記のような病態であれば、たとえやせていても問題なく用いることができます。

温性が強いので、脳や心臓などに出血のリスクがある方には、冠元顆粒や田七人参を用います。

構成生薬

  • 桂皮
  • 芍薬
  • 茯苓
  • 牡丹皮
  • 桃仁

適応症状

  • 肩こり、頭重、めまい
  • のぼせて足冷え
  • 生理不順、生理痛
  • 更年期障害、血の道症
  • 打ち身(打撲症)
  • しもやけ、しみ
  • 不妊

注意

  • 妊娠時に服用すると早流産のリスクを高めるため、妊娠が判明した際は服用はお控えください。

ページトップへ戻る