よくあるご質問|江東区東陽町の漢方相談専門薬局は富士薬局へ 駅徒歩1分

無料相談実施中 お気軽にお問合せください

  • 0336442359
  • 平日:9:00~20:00
    土曜:9:00~18:00
    漢方相談:9:00~18:00
    定休日:日曜・祝日(不定休)
お問合せ

よくあるご質問

漢方薬は保険が効きますか?

A.

一部の漢方薬は保険が効きますが、保険調剤を行うためにはお医者さんの処方箋が必要となります。処方箋で漢方薬を処方するのは当然その医師の裁量となるため、当薬局が指定した漢方薬を保険調剤してもらうことは原則としてできません。かかりつけのお医者さんとご相談ください。

また、漢方薬に限らず保険調剤の際は医師の指定した医薬品の在庫がない場合があります。その際はお取り寄せとなります、ご了承ください。

今、ほかに飲んでいる薬があるけど、飲み合わせは大丈夫ですか?

A.

一部のお薬は、漢方薬の作用を弱めたり、副作用を強めたりすることがあります。

他に漢方薬をお飲みの場合も、成分が重複していたり、作用が拮抗して効果がちゃんとでない場合もあります。必ず今、お飲みになっているお薬をお知らせください。

漢方薬には副作用がないというのは本当ですか?

A.

特定の食品に対してアレルギーをもつ方がいるように、漢方であっても口に入るものには全て副作用の可能性があります。

ただし西洋薬と比較すれば、一般的に重度の副作用になる可能性は低いといえます。

アレルギー体質の方、高齢者、肝機能・腎機能が悪い方は、漢方でもやはり注意が必要です。また、胃腸が弱い方や、血圧の高い方も注意が必要なことがあります。

現在かかっている疾患、気になる体質や症状などある場合は必ずお知らせください。

漢方薬は飲み続けないといけないものなのでしょうか?

A.

1回の服用でよくなることもあれば、数年かけて改善することもあり、ご相談の症状や病気の原因により異なります。

いくら漢方を飲んで調子がよくても、日常生活のストレスや不摂生等が原因であれば、それらを改善しない限り、最終的に良くなることはありません。

慢性症状などで体質改善が必要な場合もやはり根気よく続けていただく必要があります。

薬を飲むときも止める時も一番はご自身の体との相談になります。もう、薬は必要ないと感じられたら、止めて様子をみてもよいと思います。

漢方薬はどのくらい飲めば効いてくるのですか?

A.

ご相談の症状により、効果が出るタイミングが異なります。

一般的に、風邪・頭痛・じんましん等、急性症状に対しては効果が早く表れますが、慢性的な腰痛・耳鳴り・疲労感等の慢性症状は効果が表れるまでに数週間~数か月を要することもあります。

当薬局では2週間~1か月を目安に効果の判定を行い、必要に応じて継続してお飲み頂いております。

漢方相談は予約が必要ですか?

A.

予約の必要はありませんが、予約いただいた方を優先してご案内いたします。

ページトップへ戻る