富士薬局について|江東区東陽町の漢方相談専門薬局は富士薬局へ 駅徒歩1分

無料相談実施中 お気軽にお問合せください

  • 0336442359
  • 平日:9:00~20:00
    土曜:9:00~18:00
    漢方相談:9:00~18:00
    定休日:日曜・祝日(不定休)
お問合せ

富士薬局について

オーダーメイドの漢方相談

image

近年、様々なストレスや食生活の乱れにより、様々な疾患や生活習慣病等に悩まされる方が増えています。
そのため、私たち一人一人が「自分の健康は自分でまもる」という意識を持つことが必要になっています。
当薬局は、皆様の健康に関する相談窓口として、健康な生活を送るためのアドバイスをさせていただきます。
また、漢方を学び、国際中医専門員の認定を取得した薬剤師が、あなたの症状や体質に合った漢方薬をお選びいたします。

富士薬局の特徴

歴史ある老舗の相談薬局

image

昭和39年6月8日開局当時の富士薬局

富士薬局は昭和39年、先代であります父が開局しました。当時の東陽町は電車ではなく都電が走っており、今のような高い建物がなく閑散とした場所でした。
薬事法(現在の医薬品医療機器法)の改正やドラッグストアの進出に伴い、多くの個人薬局が閉店する中、当薬局は地域に根差した相談薬局として営業してまいりました。父は薬学だけでなく歴史経済など博学で話が好きなこともあり、そんな父を慕ったお客様が多くいらっしゃいました。ところが2013年に父は他界し、私が2代目店長となりました。父のようにうまく話ができず至らぬことも多々ありますが、父の意思を引き継ぎ、ドリンク一つ買うお客様も大切にしようと心がけております。
情報の錯綜する昨今でありますから、しっかりと正しい情報を伝え、少しでも健康のお役に立てればと考えております。昔はどこにでもあった町の薬局を、時代の波に逆らい、今日まで続けてまいりました。これからも町の相談薬局として、漢方を知っている薬剤師のいる薬局として、誠実に対応していきたいと思います。

漢方専門薬剤師が親身に相談

image

中医学と日本漢方を学んだ薬剤師が対応させていただきます。(詳しくは「薬剤師紹介ページ」を参照ください)
現代の医学は、遺伝子診断や遺伝子操作による治療などが期待されていますが、実現までにはまだ課題が多いとされています。現在行われている医学は、血液検査のデータや臨床所見からマニュアル的に診断、処方されるケースがほとんどです。
一方、古来より日本の伝統医学として発展してきた「漢方」は、血液検査のデータではなく人間そのものの持つデータを体質や症状等として多角的にとらえ診断し、漢方薬や鍼灸を用いて治療してきました。未来の医学が目指す個々の医療をずいぶん昔から挑戦し実践してきたわけです。
近年は漢方薬の効能もだいぶ見直されており、痴呆の随伴症状に対する抑肝散であったり、腸閉塞に対する大建中湯など、臨床的な効能が評価されるようになってきました。ところがまだまだ世間での漢方薬の評価は十分でなく、もっと漢方で救われる人がいるはず、というのが漢方を実践している人の意見であります。
漢方がこんなに効くとは思わなかった、と一人でも多くの方に実感していただきたいと思います。

店舗概要

住所 〒135-0016 東京都江東区東陽4-2-4
TEL・FAX 03-3644-2359
営業時間 平日9:00~20:00 土曜日9:00~18:00
漢方相談 9:00~18:00
定休日 日曜・祝日(不定休)
薬局開設許可番号 0108130140号
薬局製剤販売
医薬品製造販売業許可番号
1108130190号
薬局製剤販売
医薬品製造業許可番号
1008130189号

店内風景

  • image

    レジカウンター

    漢方薬以外にも風邪薬や胃薬などの一般薬やサプリメント、健康食品などを販売しております。

  • image

    漢方薬陳列棚

    冠元顆粒や婦宝当帰膠など各種イスクラ製品なども取り扱っております。

  • image

    生薬サンプル

    一部の生薬は100g単位で小分けでお売りすることもできます。

  • image

    漢方薬抽出自動包装機

    煎じ薬をレトルトパックに包装し、お手軽にお飲みいただけます。

  • image

    漢方相談コーナー

    こちらで症状や体質をお伺いします。血圧測定も無料で行っております。

  • image

    休憩スペース

    普段は処方箋の患者さんなどがお待ちいただくスペースとなっております。

ページトップへ戻る